gokusen極鮮

「gokusen極鮮」の真空技術がうみだす食への確信を、エキスパートが本音で語りました。 「gokusen極鮮」の真空技術がうみだす食への確信を、エキスパートが本音で語りました。

赤坂「菊乃井」

ビルが立ち並ぶ東京 赤坂に、
食の真髄をご提供されている
東の京都「赤坂 菊乃井」 様。

料理、しつらえ、空間、という体験で「ミシュランガイド東京2016」にて、
“2つ星”を獲得されている「赤坂 菊乃井」 料理長の林亮平氏にお話を
お伺いしました。

赤坂「菊乃井」 料理長・林 亮平氏世界の調理機器に注目しており、
真空ミキサーはどういったものか興味が非常にありました。
現在1日2〜3度真空ミキサーを回転して、 お客様に料理を提供しています。

  • 真空の良さとは?

    たとえば、通常、黄身醤油などはフードプロセッサーで泡立てると白っぽくなってしまい、泡も一度立つとなかなか消えず時間がかかっていました。

    「gokusen極鮮」にしてからは、真空ミキサーの力で黄身醤油も泡立ちづらくなり、調理場でも重宝しています。

  • 「繊細」を要する和食だからこそ

    真空だと鮮度が保たれ、味が違い酸化せず、すっきりとした味わいになります。
    フレッシュな素材を生かした料理には大活躍してくれます。蕪や大根のすり流しはとてもおいしく仕上がります。

    また、真空だと素材の色が引き立ち鮮やか。洋ナシなども良い色になり満足です。

洗浄・お手入れについて洗浄・お手入れについて

  • 簡単に洗浄できるのは大きなポイントで、カッター台が外せるところがすごく使いやすいと感じます。

  • 洗いづらいのは大きなマイナスポイント。
    攪拌するものは使用頻度がかなり高いので洗いやすいのは助かります。

デザインについてデザインについて

  • デザインもかなり気にします。
    商品を選ぶポイントは第一に機能性、第二にお値段。そしてデザインにもこだわります。

    そういった点でも「gokusen 極鮮」は理想的なミキサーといえます。

機能美を追求していくと、デザインがそぎ落とされ、操作がシンプルになるので使いやすくなっていきます。デザイン優先はNGですが機能と値段、そしてデザインも良いと素晴らしいですね。
この「gokusen極鮮」は、グッドデザイン賞にも輝いているので、デザインも申し分ありません。
そして機能や操作のしやすいところも気に入っています。

真空ミキサー  TMV2000VT
真空保存タンブラー2個セット

¥75,000(税抜)

追加用 タンブラーの購入はこちら追加用 タンブラーの購入はこちら

  • タンブラー
  • 真空状態のまま
    新鮮に持ち運びができる
    タンブラーです。

    真空保存タンブラー  VT400※真空ミキサーTMV2000VTには、
    真空保存タンブラー2個が付属されています。

    ¥4,000(税抜)